右手ブラッシングで軽快に「ツターン」ストローク!

サムネが週刊ストーリーランドのお婆さんみたいな感じになってしまいました。

右手ブラッシング奏法

”奏法” なんて大それた見出しをつけていますが、ストロークを軽快に魅せるための、ちょっとした簡単なテクニックです。

ブラッシングとは

ブラッシングというのは弦に指を軽く触れて「カツカツ」や「チャカチャカ」といったパーカッシブな奏法のことです。

では、このブラッシングを右手で出す方法を覚えましょう。

手刀(手の側面)は手の小指側にあります。

この手刀をギターのブリッジ近くに添えて、その状態でピッキングしてみてください。

すると、「チャカチャカ」といった音が鳴りきらない感じのサウンドが出せると思います。これが右手で出す、ブラッシング音です。

これを使ってストロークしましょう。

↑こちらはCコードで「タン (ツ)ターン タ (ツ)タ 」というリズムになります。

(ツ)と表現した所はブラッシングです。

ストロークする瞬間に右手の手刀をブリッジ近くの弦に覆うように触れ、ザクっという音を出しましょう。

その状態からアップストロークします。

通常、ストロークは腕を振り切りますが、ブラッシングをする時には弦の位置で手は止まります。

  1. 腕を上から振り下ろす
  2. 弦に手刀を当て、同時にピッキングをしてブラッシング
  3. その状態からアップストローク

この手順になります。

このパターンを何度も色々なコードで繰り返し練習していきましょう。

慣れてくるとこの奏法は自然と使えるようになり、かっこいいストロークが簡単に出来るようになります!( ・∀・)