ブルースギター講座#3『ギターソロをカッコよく弾こう! 』

 

今回はブルースギターレッスン第3回です。

ブルースのかっこいいソロの弾き方の基礎をレッスンしました。

まずはペンタトニックを覚えよう!

ペンタトニックの「ペンタ」とは5角形のペンタゴンからきています。その名の通り、5つの音のスケールです。

メジャー・ペンタトニックの成り立ち

明るい響きのメジャー・スケールは 1st M2nd M3rd 4th 5th M6th M7th でしたね。ここから4thと7thを抜きます。(ヨナ抜きと覚えよう)

1st M2nd M3rd 5th M6th

これでメジャーペンタトニック・スケールの出来上がりです。とてもシンプル且つ、メロディックなスケールなのでブルースだけでなく様々なジャンルで広く使われるスケールです。

マイナー・ペンタトニックの成り立ち

対して暗いマイナー・スケール 1st M2nd m3rd 4th 5th m6th m7th から2ndとm6thを抜きます。(ニム抜き)

1st  m3rd 4th 5th m7th

ペンタトニックスケールの弾き方

ペンタトニック・スケールはギターの指板上、あらゆる場所に存在します。

下記はマイナーペンタトニックスケールの音の場所を表しています。(ギターのフレットボードを表している)

まずはこのように縦のボックスで見て下さい。マイナーペンタトニックスケールは指板上に5つのボックスが隠れています。

一つずつゆっくり確かめながら弾いて覚えて下さい。

ボックスの次は横で見る

ボックスで覚えたら次は横につなげていきましょう。

このような感じです。Aマイナーペンタトニックを横につなげた代表的な例です。

これらをフルピッキングで弾くも良し、スライドやハンマリング・プリングで繋げるも良しです。お好きなサウンドを奏でて下さい♬

あくまでブルーソロの考え方の一つなので、「必ず横に繋げなければいけない」ということではありません。

ブルースソロはマンネリしがちなので、そういった時にネタとして覚えておいて下さい!