CAGED(ケイジド)システムでコードとスケールを完全制覇!

※動画内の、「Cフォームから見えるメジャースケール」と「Gフォームから見えるメジャースケール」これら2点に音が一つ足りてませんでした。このブログの中の画像は正しいものに差し替えています。

CAGEDシステムについての大方は動画の中でお話しています。まだご覧になっていない方は是非見て下さいヾ(。>﹏<。)ノ゙✧

CAGEDシステムを覚えて練習すればコードが指板上どこでも弾けるだけでなく、スケールも合わせて覚えることが出来ます!

今回は各フォームから見えるスケールをまとめましたので参考までに。

Cフォームから見えるメジャースケール

Aフォームから見えるメジャースケール

Gフォームから見えるメジャースケール

Eフォームから見えるメジャースケール

Dフォームから見えるメジャースケール

マイナーコードからマイナースケールを見る

ナチュラルマイナースケールもコードの形から見えるようにしましょう!(ここから説明するマイナースケールはナチュラル・マイナースケールです)

5弦ルートのマイナーコードから見えるマイナースケール

5弦ルートでもう一つ。こっちのコードの方がよく使います。

6弦ルートのマイナーコードから見えるマイナースケール

こちらは5弦ルートのマイナースケールの形に「出だし」が似ていると思いませんか?こういった共通の形や共通の音を発見してみて下さい。

4弦ルートのマイナーコードから見えるマイナースケール

こちらも似たような形がありますよね。ギターの上達に欠かせないものは「共通点」と「ずらす」ということだと思います。それだけで色んなコードやスケールが弾けるし曲も弾ける。キーが変わっても対応できる力が身についてきます。

マイナーコードやセブンスコードも弾きたい!

マイナーコードやセブンスコード。これらのコードもメジャーコードから少し変化させるだけでOKなんです!下の図でイチコロです。

メジャーとマイナーの違いはM3rdかm3rdかの違いだけ。

セブンス系はオクターブ上のルートを基準に下げるだけ。

これらをザラッと弾いてみましょう。そして曲をコピーする時も、無意識にTAB譜やダイアグラムを見るのではなく、「あー、ここがこう変化してこのコードになるのね!」と意識して発見しながら練習してみて下さい。

そうすると今までやっていた練習も、より効果的に行うことが出来ます。

今回動画で紹介したCAGEDシステムは実践でも非常に使える考え方なので、ぜひ習得してくださいヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*