ギターのモチベは将棋で上げていた

私リッキー、こう見えても高校時代3年間将棋部に入っておりました。当時の棋力は最高で二段でした。

大会での実績は団体3位、個人A級5位くらいです。たった二段でそんな記録でるの!?と驚きでしょう。まぁ県大会のレベルなんてそんなもんです。

高校時代は将棋とギターが僕にとっての生きがいでした。

授業中は将棋の駒が頭の中で動いてるか、ギターの音色が流れていました。

ギターのモチベが上がらないという方をよくみかけます。

そんな方に対して「絶対モチベが上がる方法!」みたいな教えは僕にはできません。モチベーションのポイントが人それぞれ違うからです。

僕の場合は将棋がギターのモチベーションになっていました。

将棋を指していますよね。段々とギターがちらついてきます。それでも頭から離して(つまりギターへのツンデレ)将棋に集中します。

将棋を十分にやった!そして夜風に吹かれてみましょう。するとなんということでしょう。

ギターへの興味、情熱がどんどん膨れ上がってゆくのです!!

何故?と思うでしょう。僕も不思議なんですが、このように他の趣味がある方はそっちにめちゃくちゃ没頭してみてください。

変に「ギター弾かないと!」とか「モチベ上げるためにこれしないと!」って思っていると逆にギターへの情熱が薄れてしまうことがあります。

もちろんギターが弾きたくてしょうがない方はギターを弾きまくりましょう。

しかし、モチベが上がらない。でもギターを上手く弾けるようになりたいという方は他の趣味に没頭するということを試してみてください。