そういえば環境が良かった

みなさんこんにちは。リッキー・モンブラン・アッシュド・ニューンことリッキーでございます。

ギターは楽しいね!

思い返してみると僕のこれまでのギター人生は環境がすごく良かったと思います。

始まりは親に駄々をこねてギターを買ってもらってからですが、買ってもらえただけでもすでに幸運です。(感謝してます)

一つずつ見ていきましょう。中高生あたりを時系列に並べます。

  1. モチベの源であるミスチルのギターサウンドに出会えた
  2. ギター始めて1ヶ月で友達に披露したら、めちゃくちゃ褒めてくれてモチベ爆上がり
  3. 教則DVDを信じて基礎練しまくる
  4. TAKに衝撃受け曲コピーしまくる
  5. バンドをやっていた友達に「バンドスコア」の存在を教えてもらう
  6. 洋楽詳しい友達にバンドを教えてもらい、洋楽に目覚める
  7. 機材に詳しい友達に機材の色々を教えてもらう
  8. 偶然楽器をやっている友達が多くて刺激になり更に練習
  9. 将棋部の中で楽器をやっている同期や先輩が多かったから、バンドごっこができた
  10. ある曲を教えてほしいと言われ、楽譜が無かったのでそこから耳コピをしまくる
  11. ベースをやっていた将棋部の先輩に演奏が荒いと指摘を受け、自分の演奏を見返す
  12. 当時流行っていたSNSに動画投稿してモチベ爆上がり
  13. SNSでスケールという存在を教えてもらう。B’zのコピーを見せ合う
  14. 音楽の専門学校へ入学(感謝してます)
  15. 様々なジャンルの先生に出会い、ブルースやフュージョンに興味が湧く
  16. 同志の友達と語って好きな音楽を共有できた
  17. 授業の終わりにセッションに誘ってもらい、ほぼ毎日セッション
  18. 友達からテクニックや音楽について自分の知らない事を教えてもらう
  19. 専門では技術の習得だけでなく、先生から「教え方」も学んだ
  20. ニコニコ生主時代にリクエストを沢山受けて色々なジャンルをコピーしまくる

もっと幸運なことはあったような気がしますが、忘れました。

ここで気づいてほしいのは僕がギターを続けてこれたのも、上達してこれたのもすべて「人との関わり合い」から生まれているのです。ほんとに一人こもっての練習ではモチベが維持し辛いと思います。

様々な「人」と関わることで自分の立ち位置を示してくれるし、色々な世界に触れることができました。