ポリペンタトニックのフレーズ

特にコード一発モノには絶大に有効な手段です。

※シーケンス的な使い方ならあまり考えずに様々なペンタを組み合わせれば良いですが、メロディとして聴かせたい場合の注意点としてはしっかり特性音を意識して使うということです。Cm上で使う場合、Gmペンタなら9thであるDの音。DmペンタならM6であるAの音。Fmペンタならアウト感の強いm6、すなわちA♭の音とそれぞれのペンタの特徴である音を使うことが鍵になります。

バッキングトラック

バッキングトラックをダウンロード