編集の必要性

よく言われる。本当によく言われる。

僕が例えば誰かにYouTubeやってみたら?と伝えると高確率でこう返ってくる。

「編集めんどくさそう」「編集技術がないから無理」

これは非常にもったいない考えだと思っている。

YouTube=編集ではない。

僕の場合だが、喋るのが苦手でよく噛むし進行の順序がごっちゃになるので「カット」という作業をするのだ。抑揚のある喋りが出来ないから雰囲気を明るくするために効果音やBGMを流す。面白いボケが出来ないからズームやリバーブ、テロップを利用して面白く見せている。(面白いとは言っていないOLZ)

例えばスムーズに喋れて場を盛り上げられる話術を持っている人なら「カット」は必要無い。あっちゃんこと中田敦彦さんなんてめちゃくちゃ話が上手い。

だからカットは必要無いし、声も聞きやすいから細かい字幕も不要。話す抑揚で場の雰囲気を良く出来るからBGMも余分な効果音も不要。

つまり能力のある人はYouTube上でも諸々の作業が省けるということだ。

自分に足りない能力を補うための必要な編集をすれば良い。

インパクトのある写真があればサムネイルに文字すら要らない。

僕の声はそこまで聞き取りにくくは無いと思っているので細かい字幕はいれず、要所でテロップを入れるくらいに抑えている。なるべくなら編集作業は減らしたいのだ。

YouTube=編集と思って二の足を踏んでいる方はぜひこの先入観を取っ払って前に進んでほしい。